園からのお知らせ

子どもの様子や園の様子をお伝えします

6月の様子 『泥遊びから水遊びへ』

6月入ってすぐ外でも裸足で遊ぶようになりました。
砂の感触は、子どもたちの足の裏から感じてくれています。
「せんせい!サラサラ~」
「足のあとがつくんよ!」

 「ねえねえ、船が通る川をつくろうか?」
「いいね~」

 「私は、穴を掘って、大きな穴をつくるよ~!」
「お山を作ってみる~」
ペタペタ!ぺたぺた~

 少しお水をいれてみよう~
すると、子どもたちから「ねとねと~」
「ぐにょぐにょ~」
「チョコレートみたいよ~」
他にも、「ウ〇コのやわらかいのみたい~」と大笑いしましたよ!
子どもの表現は、面白いです。

 さあ、少しずつ、泥遊びから水遊びになっていきます。
日々の遊びの中で、砂遊びから泥遊びへ・・・そして、水遊びへと繋げていきます。

 タライの水を砂場に持って行く時にも、いろんな発見が・・・。
「みて、バケツだとたくさんすくえるよ!」
「ぼくは、お皿でくんでみるよ~」
「ぽたぽた水の音がして楽しいね」

 水遊びが始まりました。
濡れることが苦手な子も、段階を経て、少しずつ出来るようになります。

 友だちと息を合わせて、浮き輪で浮いています。
一緒に遊びを考えて、楽しいひと時です。

 梅雨の晴れ間に、たくさん水遊びやプールが出来ますように・・・。