園からのお知らせ

子どもの様子や園の様子をお伝えします

5月 子どもたちの様子 のびのび元気なのぞみっこ!

5月の園庭は、とてもにぎやかです!ダンゴ虫やピーピー豆探し。かけっこ、木登り、バナナ鬼。かくれんぼにケイドロ・・・園庭のあちこちから歓声が響いています。・・・でも時には、毛虫と鉢合わせて、一転して悲鳴に変わることも・・・でも、外遊びは、やっぱり楽しいですね~!

はだしの生活も当たり前になりました。初めのうちは、慎重な足の運びでしたが、今では足の指をしっかり開いて、足の裏全体を使って走り回っています。
6月は、室内はだしから外遊びもはだしになります。砂遊び、泥んこ遊び、水遊びなど・・・・・・もっと楽しくなりそうです!!

4月の園バスでは、涙が出てしまう子どもたちがいましたが、今では落ち着いてバスに乗れるようになりました。

どの子も上手に、背もたれに背中をぴったりつけ、安全ハンドルもしっかり握っています。どの子も安全の約束をしっかり守ることができます。降りる時の「ありがとうございました!!」も、とても上手になりました。

体操教室では、深澤先生と一緒に元気一杯いろいろな運動に挑戦しています。
・・・きびきびした動きや真剣な表情から、「体を動かしたい!できるようになりたい!」という前向きな思いが伝わってきます。

見て、まねて、やってみて、ほめられていくうちに,「もっと上手になりたい!」という気持ちが高まります。回数を重ね、コツをつかむごとに、バランスがよくなり、なめらかな動きが見られるようになっています。

リトミックは、リズムや音を感じ、テーマにそって自分なりの身体表現を楽しむ活動です。

自然に体が動き、素直な身体表現ができるように、長谷川先生は、その日の園児の様子に合わせてピアノや打楽器のテンポ・リズムなどをアレンジしています。

音楽に合わせて楽しく体を動かし、たくさんの笑顔が生まれています。

わくわくタイム(文字・数あそび)では、どの年長児さんも興味津々に岩崎先生、藤田先生、近藤先生の話に聞き入っています。
文字や数の面白さに触れるたびに知的好奇心が大きくふくらんでいます。

自力でできることが増えるにつれ、やる気も高まっています。ゲームを楽しんだり、一人でチャレンジしたり、みんなで協力したりする時の約束もしっかり守れるようになってきています。

年長組さんが楽しみにしている時間です。

手洗いに取り組んでいます。
かぜやインフルエンザ、胃腸炎などの感染症の予防には、手洗いは欠かすことができません。日常の生活を通して、少しずつ自分の健康や衛生的な生活習慣の大切さに気付いてほしいと思います。

手洗い以外の保健衛生の指導についても、年間の計画に従って取り組んでいます。ご家庭とも是非、足並みを揃えていきましょう。