のぞみ日記

のぞみ幼稚園のスタッフの日記
のぞみっこの毎日のようすをご紹介

玉ねぎの苗を植えました☆(年少・年中組)

今週は、年少組さんと年中組さんが、のぞみの丘の畑に玉ねぎの苗を植えに行きました!
「ねぎみたい!!」
「ほんとに たまねぎかね? ねぎなんじゃない?」
玉ねぎの苗を見て、不思議がったり、面白がったりと、興味津々!
匂いを嗅いでいる子どももいましたよ!
「はやく うえたいな!!」と、ワクワクしている子どもたち☆
苗の植え方や、玉ねぎがどうやって大きくなるのかなどのお話を聞いて、いよいよスタートです!

1人2本持ち、指であけた穴のお部屋の中に、1本ずつ丁寧に植えていきます。
「おひげの はえてるほうが しただよね!」 
「おふとん かけるんよ!」
友だちと確認しながら、玉ねぎに優しく土のお布団をかけていました。

 いつも畑の管理や野菜のお世話をしてくださっている、バス1号車の山田先生・2号車の山本先生が、今回もみんなが玉ねぎを植えるお手伝いをしてくださいました!
「お布団をしっかりかけたら、寒い冬でも平気だからね!」

年中組さんは、今回畑に植えた玉ねぎを、来年の『お泊まり保育』で食べるカレーに使います!
みんなで育てた玉ねぎで作ったカレーは、きっとものすごく美味しいでしょうね! 楽しみだね☆

 最後にみんなで、玉ねぎの苗たちにパワーを送りました!
「おおきくなぁれ!!!おおきくなぁれ!!!」
大きな声で一生懸命パワーを送っている姿が、とても微笑ましかったです☆
大きな玉ねぎが出来るかな?
たくさんできるかな? 
来年の春に、またみんなで掘りますよ!楽しみにしていてね!
これから来る寒い冬を乗り越えて、甘くて美味しい玉ねぎができますように☆